一匹呑ん処「〇吉八」は、浅草寺の雷門からほど近い場所にあります。店の入り口に吊るされている「杉玉」が目印です。一般的に杉玉は、酒蔵で新酒ができたことを知らせる役割を果たしています。店は階段を下りた地下にありますが、一人でも気軽に入れるお店です。女将のお酒に対する情熱には脱帽です。娘さんがお一人いますが、子供の出生地を愛する焼酎の産地(鹿児島産)と同じにするため、わざわざ鹿児島の病院で出産された程です。
お酒は九州の本格焼酎がメインですが、季節に応じた旬の日本酒もあり、1年を通してお酒を楽しむことができます。また、品書きは九州地方の料理をアレンジした創作料理が中心で、お酒と料理のマリアージュは抜群です。

今回は日光からの帰り道で浅草に立ち寄り、東京の旅酒「澤乃井」と創作料理を堪能して帰りました。浅草の「〇吉八」は、私の隠れ家です。

* * *

旅のメモ
【〇吉八】
・住所 東京都台東区雷門2-11-7
・営業時間 18:00~23:00