夜行バスで、早朝松本に到着。松本駅近くから上高地まで直通で結ぶ10時過ぎのナショナルパークライナーを予約していたので、出発までの時間を使い「旅酒」を買いに出かけた。上高地は最高の天気で、雄大な山々を見ながら、新鮮な空気を胸いっぱい吸うと気分がすっきり。遊歩道が整備されているので、山歩き経験が無くても安全に歩くことができた。今回の旅のお目当ては、7年に1度のご開帳中である善光寺。日中の混雑を避け、夜間に参拝することにした。翌朝、ホテルでライブカメラ中継を見たが、まだ朝早い時間にもかかわらずかなりの混雑だった。夜間参拝で混雑を避けておいてよかった。長野駅からレンタカーで草津温泉を目指し出発。長野からしばらくして小布施で観光。コンパクトな町の中は、名産の栗を使ったお店が多い。栗どら焼き、栗ご飯、モンブランなど、栗好きにはたまらない。中でも一番だったのは、老舗栗菓子のお店が手がける喫茶店のモンブラン。今までで食べた中で間違いなく一位だ。栗の風味が口の中に広がり、栗をそのままいただいているかのよう。シンプルなモンブランだが、栗本来の甘みをいかしていて、小布施でしか食べられない絶品モンブランだった。栗ご飯をお弁当に買って、途中横手山で休憩。山の景色と澄んだ空気の中で、栗ご飯を頬張った。珍しいスカイレーターとリフトを乗り継いで、山頂へ到着。展望台からは志賀高原の山々が広がり素晴らしい眺めだった。今回の宿泊は草津温泉。草津のシンボル湯畑まで散策した後は、ホテルでのんびりと温泉に浸かり旅の疲れを癒やした。

翌日は長野駅まで戻るコース。前日の快晴から変わり、一日中雨。ドライブルートに八ッ場ダムがあり、立ち寄った。放流中との案内があり、ダムの下までエレベーターで降りた。他のダムとは異なり、水しぶきがかかるぐらいの距離で大迫力の放流を見ることができた。ダムの資料館も併設されており構造を学ぶことができる。世界遺産の富岡製糸場の見学をしてから長野に戻り、名古屋経由で帰宅した。

安曇野・白骨温泉:逸品舎 草津:ホテル一井

白骨温泉は、長野県の松本市安曇にある温泉地で、JR松本駅からは直通バスを利用するのが便利です。所要時間は約2時間です。白骨温泉は、「信州の秘湯」と呼ばれ、温泉は肌になめらかなで、美肌の湯として人気です。また、「三日入れば三年風邪ひかぬ」とも言われる名湯です。ソウルフードとして、温泉を食に活用した「温泉がゆ」が名物です。

今回、旅酒は明治30年創業の老舗酒屋「中島屋」で購入しました。「中島屋」さんは、JR松本駅から白骨温泉に向かう途中の安曇野支所近くにあり、赤い屋根のモダンな建物でレストランかと勘違いするほどの外見です。店内には、信州の美味しそうな地酒がたくさん並んでいました。
旅酒の醸造元「笑亀酒造」は創業1883年の老舗蔵で、代表銘柄に「笑亀」があります。現在、県内には酒蔵が74蔵あり、新潟県に次いで全国第2位の酒蔵数です。日本酒の特徴は「濃醇甘口」と言われています。
今回は、旅酒だけを購入して松本駅に戻りましたが、10年前に訪れた白骨温泉の「白船荘新宅旅館」は、「温泉よし、料理よし、サービスよし」の三拍子そろった旅館でした。

* * *

旅のメモ

【白骨温泉の特徴】
・泉質:硫化水素泉、泉温:35~45度、効能:胃腸病
【中島屋】
・住所 松本市安曇706-1
・営業時間 8:30~18:00
【白船荘新宅旅館】
・住所 松本市安曇白骨4201
・日帰り入浴 12:00~14:00