浅間酒造は、群馬県の長野原町にある創業 1872 年の老舗蔵です。JR 高崎駅からレンタカーを利用するのが便利です。蔵までの所要時間は約 1 時間です。浅間酒造は、浅間山麓の雪山より湧き出る豊富な天然水を用いてお酒を醸造しており、代表銘柄に「秘幻」があります。
酒蔵には「浅間酒造観光センター」が併設されており、施設内には県内のおみやげ品を多数揃えた売店と食事処があります。また、浅間酒造観光センターは「プロが選ぶドライブイン 100 選」で 23 年連続全国 1 位の人気施設です。

今回は、レンタカーの利用でしたので宿泊先の高崎まで戻り、駅近くの居酒屋「豚人」で群馬の食材を使った創作料理と地酒を堪能しました。

* * *

旅のメモ
【浅間酒造観光センター】
・住所 群馬県長野原町大字長野原 1392-10
・営業時間 9:00~16:00
【豚人(ぶたんちゅ)】
・住所 高崎市八島町 32-4
・営業時間 17:00~25:00

草津温泉は、群馬県の草津町にある温泉地で、東京方面から高速バス「上州ゆめぐり号」を利用すると安くて便利です。所要時間は約4時間です。群馬県は温泉大国と言われ、草津温泉の他、水上温泉、伊香保温泉、四万温泉があります。草津・伊香保・水上温泉は、映画の「テルマエ・ロマエ」のロケ地に、また、四万温泉は、「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったと言われています。

草津温泉の歴史は古く、「天下の名湯」とも言われ、「湯畑」が温泉街のシンボルとなっています。また、草津温泉の源泉は高温のため、湯もみをして温度を下げますが、湯もみ唄「草津よいとこ、一度はおいで♪」が有名です。お湯の泉質は強酸性泉のため、少し肌がひりひりします。日帰り入浴できる外湯もありますが、私のお勧めは温泉旅館「奈良屋」の日帰り入浴です。「奈良屋」さんは、草津の名所「湯畑」のすぐそばに立つ老舗旅館で、草津最古の「白旗源泉」を引湯して、職人の「湯守」がまろやかなお湯を作り上げています。
旅酒は、浅間酒造観光センターで購入しましたが、酒蔵編の旅酒28番「草津」で後述します。

* * *

旅のメモ

【草津温泉の特徴】
・泉質:酸性泉、泉温:44~94度、効能:殺菌効果
【奈良屋】
・住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津 396
・日帰り入浴 12:30~14:00