越前の旅酒は、JR福井駅から徒歩15分程度のところにある「越前酒乃店はやし(福井春山店)」で購入しました。店内には、県内の地酒ばかりでなく全国の銘酒(日本酒・焼酎)が数多く並んでいます。「越前酒乃店はやし」さんは、ただ単に仕入れたお酒を販売するのではなく、「瓶の奥に見える風景」言い換えれば造り手の想いをしっかりとお客様に伝えることをコンセプトに酒屋を経営されています。
旅酒の醸造元は、創業1894年の老舗酒蔵「伊藤酒造」で、代表銘柄に「越の鷹」があります。

「特急サンダーバード」は、大阪と金沢・和倉温泉を結ぶ特急列車で、福井から大阪までの乗車時間は約2時間です。福井駅の売店で、福井県を代表する名物「焼き鯖すし」を購入して特急サンダーバードに乗車しました。
車内は落ち着いた雰囲気で乗り心地も良く、車窓の風景を眺めながら「焼き鯖すし」と旅酒で一杯やりましたが、焼き鯖は脂がのっていてとても美味しかったです。途中、滋賀県に入りますと車窓からは琵琶湖の壮大な風景を楽しむことができます。※座席は進行方向に向かって左列の窓側が必須です。

* * *

旅のメモ
【越前酒乃店はやし(福井春山店)】
・住所 福井市春山1-1-18
・営業時間 10:00~18:00(定休日:日・祝)

あわら温泉(芦原温泉)は、福井県のあわら市にある温泉地です。小松空港から温泉街まではリムジンバスを利用すると便利です。所要時間は約1時間です。芦原温泉は福井県屈指の温泉街で、「関西の奥座敷」と呼ばれ、昔から多くの文人墨客に愛されています。温泉の泉質は、さばさばとした爽やかなお湯で、アトピーに効果があると言われています。

温泉街には、「屋台村湯けむり横丁」があり、屋台村には蕎麦、海鮮料理、焼き鳥、餃子、ホルモン焼き、ラーメン、串揚げ、フレンチ等の店舗が入っています。今回は、横丁の入り口にある「おやじのフレンチてつ」で、地元の食材を生かしたフランス料理とお酒を堪能しましたが、味は高級フレンチ、値段は庶民価格で大満足でした。平日でも地元住民と観光客で結構賑わっています。
旅酒は、JR福井駅から少し離れた「越前酒乃店はやし」で購入しましたが、呑み鉄編の旅酒37番「越前」で後述します。

* * *

旅のメモ

【芦原温泉の特徴】
・泉質:塩化物泉、泉温:33~77度、効能:皮膚炎
【おやじのフレンチてつ】
・住所 あわら市温泉 3-201
・営業時間 (昼)11:30~14:00 (夜)17:00~24:00