修善寺温泉は、静岡県の伊豆市にある温泉地で、東京方面からは特急列車「踊り子号」を利用すると便利です。所要時間は約2時間です。修善寺温泉は、伊豆半島の中で最も歴史のある温泉で、温泉街にはシンボル的な存在となっている足湯の「独鈷の湯」をはじめ、日帰り入浴施設の「筥湯」など7 か所の外湯があります。「筥湯」は、内湯のみの小さな温泉施設ですが、檜造りの湯舟には源泉掛け流しの湯が溢れ、風情ある温泉情緒を味わえます。

伊豆の旅酒は「ルネッサ赤沢」で購入しました。旅酒の醸造元「三和酒造」は創業 1686 年の老舗蔵で、代表銘柄に「臥龍梅」がありますが、その名前の由来は、徳川家康公に由来しています。
伊豆高原駅で伊豆の特産品である金目鯛を使った「金目鯛の押し寿司」を購入して列車に乗り込み、旅酒と合わせて一杯やって帰りました。「金目鯛の押し寿司」は、お酢で〆た塩漬けの金目鯛が白身魚ならではのコクを引き出した絶品の押し寿司です。

* * *

旅のメモ
【修善寺温泉の特徴】
・泉質:単純温泉、泉温:65度、効能:神経痛

【筥湯】
・住所 伊豆市修善寺924-1
・営業時間 12:00~21:00

【ルネッサ赤沢】
・住所 伊東市赤沢190-5
・営業時間 6:00~23:00