JR三島駅近くで車を借り、山中湖へ。「旅酒」購入のため道の駅で休息をとった。無料で利用できる足湯があり、間近に雄大な富士山を楽しめるそうだが、この日はあいにくのお天気で心の中で富士山を想う。翌日は、「旅酒」箱根を求めて仙石原へ。すすきが見頃の時期で、近くの駐車場に車を止め、風に揺れるススキの中をのんびりと歩いた。壮大な景色を楽しんだ後は、箱根の山を一気に下る。箱根三島スカイウォークに立ち寄り、日本一長い吊り橋に挑戦。渡り始めは微妙な揺れと高さに足がすくんだが、途中からは駿河湾と日本一の富士山を眺める余裕ができた。やはり何度見ても富士山の姿は美しい。途中、ご当地グルメ、みしまコロッケを食べに地元で人気のお店に立ち寄った。サクサクの衣にホクホクの芋で美味。今夜の宿に向かうルート上にある世界遺産「韮山反射炉」を見学。すぐ近くの茶畑に上ると展望台があり、反射炉と富士山を同時に見渡せた。時間の関係で断念したが、茶畑では茶摘み体験ができるそう。次回はぜひ体験したい。

伊豆高原のホテルは、緑に囲まれた隠れ家のような建物。ラウンジにワインなどのフリードリンクが用意されており、ゆったりと過ごせた。金目鯛と静岡のブランド牛「あしたか牛」の夕食をいただき、温泉に浸かって気持ちよく滞在できた。最終日は修善寺方面へ。天城越えで有名な「浄蓮の滝」を見た後は、おそばの名店へ。水がおいしい土地のお蕎麦が美味だ。わさびの三杯漬けを初めて食べたが、ほのかにわさびの辛みがあり、箸休めにぴったり。お店の方に作り方を教えてもらい、自宅で挑戦。日本酒との相性はバッチリだった。

富士山・富士五湖:道の駅すばしり 箱根:ローソン箱根仙石高原店 伊豆:ルネッサ赤沢

修善寺温泉は、静岡県の伊豆市にある温泉地で、東京方面からは特急列車「踊り子号」を利用すると便利です。所要時間は約2時間です。修善寺温泉は、伊豆半島の中で最も歴史のある温泉で、温泉街にはシンボル的な存在となっている足湯の「独鈷の湯」をはじめ、日帰り入浴施設の「筥湯」など7 か所の外湯があります。「筥湯」は、内湯のみの小さな温泉施設ですが、檜造りの湯舟には源泉掛け流しの湯が溢れ、風情ある温泉情緒を味わえます。

伊豆の旅酒は「ルネッサ赤沢」で購入しました。旅酒の醸造元「三和酒造」は創業 1686 年の老舗蔵で、代表銘柄に「臥龍梅」がありますが、その名前の由来は、徳川家康公に由来しています。
伊豆高原駅で伊豆の特産品である金目鯛を使った「金目鯛の押し寿司」を購入して列車に乗り込み、旅酒と合わせて一杯やって帰りました。「金目鯛の押し寿司」は、お酢で〆た塩漬けの金目鯛が白身魚ならではのコクを引き出した絶品の押し寿司です。

* * *

旅のメモ
【修善寺温泉の特徴】
・泉質:単純温泉、泉温:65度、効能:神経痛

【筥湯】
・住所 伊豆市修善寺924-1
・営業時間 12:00~21:00

【ルネッサ赤沢】
・住所 伊東市赤沢190-5
・営業時間 6:00~23:00