今回は、四国と山陰のドライブ旅。まずは、高知のソウルフードで人気の「いも天」が食べられるお店へ直行。揚げたてでサクサクの衣の中から、ほくほくのお芋。衝撃的なおいしさだった。ランチは高知名物鰹のたたき。たっぷりのニンニクで食欲が増す。観光名所のはりまや橋を見てから坂本龍馬像が立つ桂浜へ向かった。

高知市内から30分ほど車を走らせ、清流仁淀川のほとりにある道の駅で宿泊。和紙の体験や機織り体験ができる体験型の施設だ。お風呂には薬草が入っており、心も体もじんわりと癒やされた。ディナーは旬の素材を使った本格的なフレンチで、感動的なおいしさだった。翌日は、しまなみ街道を通り、途中の島々を観光しながら広島へ。夕食はもちろんお好み焼き。

翌日は、広島から出雲大社までのコース。途中、三次ワイナリーの看板を見つけ、立ち寄ることにした。車なので当然試飲はできないが、お店の方の説明とラベルに誘われて国産ワインを購入したあと、休憩を取りながら出雲大社へ夕方到着。参拝客が落ち着いた時間帯だったこともあり、ゆっくりとお参りできた。出雲駅近くで「旅酒」を購入し、翌日の運転に備え早めにホテルで疲れをとることにした。

最終日は、鳥取砂丘経由で自宅までの少々長い運転。前半は宍道湖を左に見ながら走り、途中からは日本海に沿ってひたすら走る。3時間の運転で鳥取砂丘に到着。以前来たときは冬の夜で、砂丘の全景が見られず残念な記憶しか無かった。今回は砂丘全体をみたいと思い少し高い位置にある砂丘センターに車を止め、リフトで砂丘へ下りていくコースを選択。わずか5分程度だが、砂丘までの空中散歩が楽しめた。事前に取り置きをお願いしていた「旅酒」を受け取って帰宅した。

桂浜:黒岩観光みやげセンター 松江・出雲:アトネスいずも 鳥取砂丘:砂丘センター見晴らしの丘