青春18切符で、金沢と福井を目指す。1週間前の四国とは違い、北陸地方はまだ真冬。金沢駅からバスでひがし茶屋街へ移動し、事前に取り置きをお願いしておいた「旅酒」と、お店お勧めのお酒を購入。その後、気になっていたきんつば屋さんへ。季節限定の「桜きんつば」がお目当てだ。雪混じりの雨が降り真冬の寒さだったが、和菓子のおかげで春を感じることができた。金沢から再び列車に乗り込み、福井駅へ向かう。駅前では大きな恐竜モニュメントがお出迎え。さすが恐竜王国とも言われる福井だと思いつつ、帰りの時間が気になるので急いで越前の「旅酒」を購入。

夕方になり、冷え込みが厳しくなったため恐竜モニュメントの写真は諦めて暖かい車内に戻った。

加賀・金沢:ひがしやま酒楽 越前:越前酒乃店はやし


和倉温泉は、石川県の七尾市にある温泉地です。東京方面からは北陸新幹線「かがやき」を利用すると便利です。所要時間は約3時間半です。北陸新幹線が金沢まで開通してから「かがやき」の利用客数も増え、「かがやき」は「加賀屋行き(かがやゆき)」と揶揄されています。
和倉温泉は、開湯1200年の歴史ある温泉地で、温泉は無色透明で少し塩分が強いですが、保温効果があります。和倉温泉街には約40の宿泊施設がありますが、その代表格は「加賀屋」さんだと思います。30年前になりますが、「加賀屋」の特別階にある「雪月花」に宿泊したことがありますが、さすが加賀百万石、まるで大名旅行のようでした。

金沢の旅酒は、JR金沢駅からは少し離れたところにある「酒の井なみ屋」さんで購入しました。お酒の卸業会社の様で、2階にある事務所で旅酒を購入しました。旅酒の醸造元は、創業 1865 年の老舗蔵「加越」で、代表銘柄に「加賀ノ月」があります。

* * *

旅のメモ

【和倉温泉の特徴】
・泉質:塩化物泉、泉温:89度、効能:保温効果
【酒の井なみ屋】
・住所 金沢市出雲町45-2
・営業時間 9:00~18:00