乳頭温泉は、秋田県の仙北市、十和田・八幡平国立公園内の乳頭山麓に点在する温泉郷です。JR田沢湖から温泉郷までバスを利用すると便利です。所要時間は約1時間です。乳頭温泉郷は、鶴の湯、妙乃湯、黒湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、大釜温泉、休暇村乳頭温泉郷の7つの湯、7つの宿からなっています。
温泉郷内では、「湯めぐり帖」で様々な泉質の温泉巡りを楽しむことができます。また、効能が異なるため、七湯すべて入浴すると万病に効くと言われています。

秋田の旅酒は、角館にある「角館こだわり蔵」で購入しました。「角館こだわり蔵」は、県内の「稲庭うどん」などの食品をはじめ、地酒や民芸品など品ぞろえが豊富なお土産店です。
旅酒の醸造元は、創業1830年の老舗蔵「天寿酒造」で、代表銘柄に「天寿」があります。天寿酒造のお酒は花酵母を使っており、香りが華やかなのが特徴です。
今回は、JR角館駅前の「ホテルフォルクローロ角館」に宿泊し、夕食はホテルのレストランで、秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」と地酒を堪能しました。

* * *

旅のメモ
【乳頭温泉の特徴】
・泉質:単純温泉、塩化物泉、硫黄泉、炭酸水素泉、ラジウム鉱泉、
・効能:高血圧症、皮膚病、胃腸病

【角館こだわり蔵】
・住所 仙北市角館町横町42-1
・営業時間 9:00~19:00