旅酒23番 飛鳥
醸造元
奈良県 1718年創業 喜多酒造株式会社
種類
清酒 純米酒
度数
15度
コメント
調和のとれた淡麗辛口。キレのよい軽快な口あたりは飲むほどに冴え渡ります。

旅酒飛鳥 を飲める店・購入できる店

飛鳥の魅力

至る所で飛鳥時代の面影を感じることができる明日香村。 寺院や古墳、遺跡や石造物などが残されており、1400年前の飛鳥時代にタイムスリップしたような感覚を味わうことができるでしょう。

石造物 飛鳥は、約20体の石造物があることでも知られています。 どの石造物も、作った人やその理由は明確にはされていませんが、その謎に包まれた神秘的な魅力から多くの観光客を集めています。 幅11m奥行8m高さ5mの巨石である益田岩船や、猿のような顔を持つことからその名で呼ばれている猿石などは一見の価値があります。 また、亀がうずくまっているような彫刻が施された亀石は、以前は東向き、現在は南西を向いています。この亀石が西を向いた時に辺りは泥にのまれるという伝説を持っています。

飛鳥寺 596年に蘇我馬子によって建てられた日本最古の寺院であり、現在は安居院と呼ばれています。 飛鳥寺の中では、日本最古の仏像である飛鳥大仏を見ることができます。 本堂では住職の方による説明を受けることができ、展示室では土器や仏像を見ることができるなど、飛鳥の時代を今に伝える貴重な寺院となっています。

石舞台古墳 総重量2300トンの岩を使っているとされる日本最大級の古墳です。 飛鳥時代の名所を巡る観光スポットとして代表的ではありますが、その被葬者は明らかになっていません。蘇我馬子という説が有力ですが、蘇我稲目という説もあり、いまだ謎に包まれているということも魅力の一つになっているのかもしれません。 また、周囲には桜の木が植えられており、春にはライトアップされた石舞台古墳と夜桜を楽しむことができます。