Language

旅酒唐津

21_1
21_2

旅酒「唐津」
Karatsu -Saga-

「虹の松原」を始めとする恵まれた自然とそこで採れる食材、
「唐津城」などの歴史的な遺産や「唐津焼」のような名産品。
唐津には多くの魅力が詰まっています。

醸造元 :佐賀県 1688年創業 窓乃梅酒造株式会社
種類  :清酒 純米吟醸(吟醸純米)酒
度数  :15度

コメント:淑やかな吟醸香と米の旨みを充分に出した旨口の純米吟醸酒

旅酒が見つかる場所

唐津ロイヤルホテル
address
佐賀県唐津市東唐津4-9-20
tel
0955-72-0111
time
7:00~21:00
21 唐津ロイヤルホテル2
root
唐津市ふるさと会館 アルピノ
address
唐津市新興町2881番地1
tel
0955-75-5155
time
9:00~19:00
21 唐津ふるさと会館アルピノ
root
マリンセンター おさかな村
address
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1922
tel
0955-56-2200
time
8:00~19:00
21唐津 マリンセンターおさかな村
root
虹の松原ホテル
address
唐津市東唐津4丁目 虹の松原
tel
0955-73-9111
time
年中無休
21 唐津 虹の松原ホテル
root
酒と喰 サンタマキ
address
唐津市中町1838-1
tel
0955-74-1230
time
[ 平日・土 ]10:00~21:00 [ 祝 日 ]10:00~17:00 [ 定 休 日 ]毎週日曜
21 サンタマキ
root
日本料理 旅館 水野
address
佐賀県唐津市東城内4-50
tel
0955-72-6201
time
21%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%97%85%e9%a4%a8%e6%b0%b4%e9%87%8e
root
唐津ロイヤルホテル
住所
佐賀県唐津市東唐津4-9-20
電話番号
0955-72-0111
営業時間
7:00~21:00
21 唐津ロイヤルホテル2
地図を見る
唐津市ふるさと会館 アルピノ
住所
唐津市新興町2881番地1
電話番号
0955-75-5155
営業時間
9:00~19:00
21 唐津ふるさと会館アルピノ
地図を見る
マリンセンター おさかな村
住所
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1922
電話番号
0955-56-2200
営業時間
8:00~19:00
21唐津 マリンセンターおさかな村
地図を見る
虹の松原ホテル
住所
唐津市東唐津4丁目 虹の松原
電話番号
0955-73-9111
営業時間
年中無休
21 唐津 虹の松原ホテル
地図を見る
酒と喰 サンタマキ
住所
唐津市中町1838-1
電話番号
0955-74-1230
営業時間
[ 平日・土 ]10:00~21:00 [ 祝 日 ]10:00~17:00 [ 定 休 日 ]毎週日曜
21 サンタマキ
地図を見る
日本料理 旅館 水野
住所
佐賀県唐津市東城内4-50
電話番号
0955-72-6201
営業時間
21%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%97%85%e9%a4%a8%e6%b0%b4%e9%87%8e
地図を見る

唐津の魅力

佐賀県に位置する唐津は、その名の通り古くから唐への玄関口として栄えてきました。 約400年前から伝わる「唐津くんち」は今なお多くの見物客で賑わい、唐津の歴史を感じさせます。 唐津城や旧唐津銀行などの歴史的建造物のほか、虹の松原や棚田などの自然、呼子のイカや佐賀牛などのグルメも満喫できます。

浜野浦の棚田 玄海町・浜野浦地区の棚田は、日本棚田百選にも選ばれています。 283枚の田が連なる11.5ヘクタールの棚田は展望台から見下ろすことが出来ます。 特に田植えの時期の夕日が沈む時間には、太陽の光が反射しながら輝く田んぼを眼下いっぱいに見ることが出来、その美しさに心を奪われることでしょう。

more1

唐津城 別名「舞鶴城」とも呼ばれる唐津城。 天守閣が鶴の頭、左右の松原を翼に見立て、その名が付いています。 天守閣からは、日本三大松原の一つである「虹ノ松原」を望むことが出来るため眺望の良さでも知られており、春には桜の名所としても知られています。 しかし眺望だけではなく、掘割、舟運といった築城技術から景観のすばらしさも見所となっています。

more2

虹の松原 唐津湾の海岸沿いに5キロ近くもの長さで続く松原は「虹の松原」と呼ばれ、日本三大松原の一つとして親しまれています。 17世紀初めに防風、防潮林として植えられ今では特別名勝として指定されています。 また、虹の松原には七不思議があることも有名です。 豊臣秀吉がこの松原を通る際に、あまりにセミの泣き声がうるさいため一喝するとそれ以後セミが鳴かなくなった、海岸近くなのに真水の井戸があるなど、不思議な伝説が残っています。

more3
pr2
pr3