【地酒コラム – 連載中】第9話 地酒を求めて~北海道編

2021/01/14
国内では最大の面積を誇る北海道ですが、寒冷な気候が酒造りに適した土地になっています。
最盛期には酒蔵の数も200程度ありましたが、現在ではその数も16蔵となっています。
北海道のお酒は、良質な雪解け水と地元産の酒造米を使った造りで、
軽快でスッキリとした味わいが特徴です。


 

旅酒の蔵元は、旭川にある男山株式会社で、
「男山」は今では北海道を代表する銘柄となっています。
男山酒造には「酒造り資料館」が併設されており、酒造りの歴史と文化を学ぶことができます。
見学を通じて北海道「男山」のルーツが遠く離れた関西の伊丹であることを学べました。
北海道の旅酒は、資料館内の売店で販売されています。


旭川には富良野、美瑛といった景勝地に加え、
動物の生態をそのまま観察できることで人気の旭山動物園がありますので、
蔵見学と合わせて立ち寄りたいものです。


 


旭川でお勧めの居酒屋は、孤独のグルメで紹介され一躍有名になった「独酌三四郎」、
味は本格割烹・値段は大衆居酒屋の「天金」など、いずれも郷土料理と地酒を堪能できます。

また、北海道のお土産と言えば、帯広の「六花亭」や小樽の「LeTAO(ルタオ)」が定番ですが、
地元旭川が本店の焼き菓子「き花」もお忘れなく。